痩身効果のあるキャビテーションとはどんな機械?おすすめ部位やメニュー・効果がある回数や通う頻度について

ひとりで頑張るダイエットはもうやめて、痩身エステでプロにお手伝いを依頼したい。

痩身エステでも最近人気のキャビテーション。やってみたいけれど、実際の効果、そしてどのように施術が進むのか気になるところです。

 

目次

キャビテーションが人気の理由

キャビテーションが人気なのは、超音波を当てるだけで痩せられると簡単だからです。従来の切る脂肪吸引では体への負担が大きかったですし、脂肪を抜き取った後の圧迫ケアが仕上がりを左右するなど色々手間がかかりました。

安全性と即効性

キャビテーションであれば切らずに済むので体への負担が少ないですし、痛みなしです。超音波を当てるだけなので安全面でも優れていますし、脂肪細胞が破壊されるので即効性も期待できるのです。

体の内側を超音波で温めることから、施術後数日間はその状態を維持でき、この期間にエクササイズやストレッチなどをすることで、より効率よく脂肪燃焼ができ、より早く希望の体型に近づくことができます。

切らないから安全で痛くない、なのに即効性があるキャビテーションは多くの人から支持をされています。

キャビテーションの痩せる仕組みについて

キャビテーションは半円の金属を気になる部分に当てるだけで痩せられるという方法です。脂肪吸引のように実際に切って脂肪を吸い出すわけではなく、皮膚の上から特殊な超音波を当てるだけで痩せられるというのは少々疑問に思われるかもしれません。

気泡の発生と消滅で脂肪を破壊

特殊な超音波によって細胞間質液に気泡が発生し消滅します。この衝撃が脂肪を破壊するので痩せられるのです。破壊されて液体となった脂肪は、リンパ管から肝臓へ運ばれて分解され排出されたり、エネルギーとして使われるのです。

内側からの脂肪の破壊によって中性脂肪にも効果を発揮

体の内側から脂肪を破壊できるので、気になる中性脂肪にも効果がありますし、脂肪細胞の数自体を減らせるので、いったん痩せればなかなかリバウンドしにくいというメリットもあります。

キャビテーションを受ける前に知っておきたい知識

1.おすすめ部位

皮下脂肪が多い部位を中心に受けよう

キャビテーションをするのにおすすめの部位は皮下脂肪がつきやすいところです。具体的には二の腕、背中、お腹周り、お尻、太もも、ふくらはぎなどが人気です。部分痩せしたいという部分のほぼすべてを網羅していることがお判りでしょう。

顔のキャビテーションはおすすめできない?

顔ももちろんキャビテーションできますが、肌が弱いですし大事な部分なので、万が一やけどなどをしたら大変です。そういったことから、顔を除いた部分痩せしたい部分が適しているのです。

どの部分もマシンで超音波をあてるだけで脂肪が破壊されて痩せられるのは確かですが、それをリンパに流すのは絶対ですし、これをやっているから食事は適当でいいという代物ではありません。痩せたいならそれ相応の生活習慣に改めるのは大前提です。

2.1回の施術時間

キャビテーションをするとして、1回の施術でかかる時間はどれくらいなのでしょうか。

1部位にあてる平均時間と脂肪細胞を流す時間

部位やその人の状態にもよりますが、実際にあてている時間は1部位30分程度、その後に破壊された脂肪細胞をリンパに流すためのリンパドレナージュの時間が1時間程度と考えた方がいいでしょう。

あてる時間よりも流す時間の方が長いのは不思議かもしれませんが、流すのは絶対必要です。

トータルでかかる平均施術時間

お尻、太もも、ふくらはぎなど下半身をトータルでやりたいとなると、流す時間も考えて2時間ほどかかると考えた方がいいでしょう。

こちらもあてる時間よりも流す時間の方がかかります。脂肪を破壊してもそれをそのままにしておいては元の木阿弥ですから、しっかりと流すことです。

3.キャビテーションで痩せやすい人の特徴

キャビテーションには向き、不向きがあります。痩せやすい人はどんな人なのでしょうか。ずばり代謝が悪くて冷え性だったり、セルライトでお悩みの方、または水太り、むくみがちな人です。逆に痩せにくい人は筋肉太りの人です。

向き不向きがあるのはキャビテーションの原理が関係している

キャビテーションは体の内部からじわじわ温める方法です。内部が温まれば代謝が良くなり冷え性やむくみも改善します。

水を飲むだけで太ってしまう水太りの方も代謝が悪いことが問題なので、キャビテーションで代謝アップすれば速やかに解消するはずです。

ただ、筋肉太りの方の場合、太っていると言っても皮下脂肪が原因ではなく、筋肉の発達が原因です。キャビテーションは脂肪細胞にアプローチする方法なので、筋肉を減らすことはできません。

4.キャビテーションと組み合わせるといいとされるメニュー

キャビテーションはそれ単独でもダイエットに効果的な方法ですが、ほかの痩身法と組み合わせることで相乗効果によってよりダイエット効果を高めることもできます

「リンパドレナージュ」

まずはリンパドレナージュです。こちらはリンパを流す施術です。キャビテーションでは脂肪細胞を破壊して液体化しますが、それがそのまま体内に残っていては痩せません。

これをリンパにスムーズに流すためにリンパドレナージュは最適です。はじめからセットになっていることも多いです。

「エンダモロジー」

エンダモロジーもおすすめです。こちらは吸引しながら脂肪をつぶすという施術です。マシンでその人に合わせた最適な力にセッティングされるので、副作用も心配ありません。セルライトを撃退し、サイズダウンにつながります。

キャビテーションはどれくらい通えばいいの?回数や頻度について

超音波を当てるだけで痩せられるキャビテーションですが、何回受ければ効果があるのでしょうか。

キャビテーションは1回の施術で効果を感じられる人も

部位やその人の状態、どこまで痩せたいかなど個人差がありますが、1回でウエスト3、4センチ程度細くなるケースもあるようです。

ハンドなどの従来の方法ですと、脂肪細胞が小さくなっただけなので翌日には元に戻るのが定石でしたが、キャビテーションの場合は脂肪細胞の数自体が減るので、翌日もその状態を維持できているのです。

痩せたいと考えたときに最低でも受けておきたい回数

キャビテーションはすべてのケースで1回で3センチ細くなるわけではありません。それに痩せたい部分はウエストだけではなく、二の腕、顎、太ももヒップなど人それぞれです。一般的に4、5回がワンクールとなっていますので、最低でもそれくらいの回数をこなせば何らかの効果が得られるはずです。

キャビテーションを受けるベストな頻度

キャビテーションは受ける頻度も大事になってきます。キャビテーションの脂肪燃焼効果の持続は3、4日間と言われているので、3、4日の間隔で通うのがペースとしてはベストです。ただ、お仕事や家事、育児、学業などの関係でそれほど頻繁に通えない方が多いでしょう。

忙しくてもあける間隔は2週間以内がおすすめ

その場合は、1、2週間おきに通うのでもいいでしょう。1カ月とか2か月とか長期間あけてしまうと効果がほとんどなくなってしまうので、どれだけあけても2週間までにとどめておくことです。

通う間隔があく際に気を付ける事

キャビテーションは最短3日が理想のペースですが、それが難しいなら1、2週間あけてもかまいません。ただ、キャビテーションの効果の持続は3、4日と言われているので、その間はエクササイズなどで脂肪燃焼に務めることです。

キャビテーションは受けるサロンによって効果は変わるの?

超音波を当ててリンパを流すだけだから、どのサロンで受けても同じ効果と考えるのは間違いです。

技術のない施術者にあたることによって起こるリスクや効果の差

美容整形で失敗して大変なことにというケースがあるように、同じ施術内容でもそれを施す施術者によって仕上がりに大きな差が出ます。

うまくない施術者にあたって施術後に痛みが出たり、炎傷を起こす可能性もあります。せっかくきれいになりたいがために通っているサロンでこうでは逆効果ですので、サロン選びは慎重に行うことです。

キャビテーションを受けてトラブルにならないためには

サロンの公式サイトではなく、第三者が作っている口コミサイトを参考にして決めるといいでしょう。

その中でよさそうなところをいくつかピックアップし、無料カウンセリングを受け、よさそうなところに申し込むと間違いはないかもしれません。

 

キャビテーションを受けた後に気を付けること

キャビテーションは脂肪細胞を破壊できるのでリバウンドはしにくい方法です。ただ、いくらしにくいとは言っても自堕落な生活を送っていてはまた太ってしまいます。リバウンドしないためにはどうしたらいいのでしょうか。

ダイエット後の代表的なリバウンド

まずは食事です。好きなものを好きなだけ食べるのがNGなのはご承知でしょうが、だからといってカロリーだけ気を付ければいいわけではありません。

栄養バランスを考えた健康的な食事内容でないといけません。さらに水分補給はしっかりしましょう。理想は一日二リットルの水を飲むことです。

ここで気を付けたいのが水の温度です。冷たく冷えた水はおいしいですが体を冷やして代謝を下げてしまいますので、白湯か常温にしましょう。